社員インタビュー

あらゆる手法を駆使した販売促進企画で、お客様が来店したくなるお店づくりを。

T.K.直営店事業部 販売促進課 係長

CHAPTER01

直営店一号店から228店舗へ。
ゼロからつくりあげた日々

現在、DHCは全国で228店舗の直営店を運営しています。しかし、2003年当時は一店舗のみ。すでに「通販のDHC」としての知名度は高く、ご来店されるお客様の反応は最初からとても好意的だったのを覚えています。「カタログに掲載されている商品はこういう色だったのね」、「他にはどこにお店があるの?」……と。店舗があれば訪ねたいと思っているお客様がたくさんいるという手応えを感じました。
そして、もっと全国に直営店を増やしていけるといいなと思っていたところ、直営店事業部が立ち上がり、私は店舗スタッフの教育トレーナーとして、後に販促担当として全国各地での店舗立ち上げに携わることになりました。
その後は、1年に50店舗のペースで立ち上げ、店舗数が急速に増加。私は全国を飛び回り、オープン前に設営に入り、売り場の最終チェックを行い、オープン当日まで立ち会う日々を送りました。毎回、ドキドキしながらオープン日を迎え、無事、多くのお客様がご来店されるのを見届けるたびにほっとしました。
当時は、非常に大変な毎日だったと思いますが、1店舗1店舗、少ない社員で知恵を出し合って、ゼロからつくりあげていくことに懸命で、立ち止まる時間もありませんでした。それが今や、直営店事業部は1,000名を超える社員が所属する大部隊に。そして2017年には記念すべき10周年を迎えました。一つの節目を迎え、ようやく自分の足跡を振り返ることができ、大きな達成感を覚えました。

CHAPTER02

店舗ごとにきめ細かく対応し、
もっとお客様に求められるお店へ

現在、私は係長として、全国228店舗の直営店チャネルの販売促進業務を統括しています。DHC直営店のミッションは、お客様にフェイス・トゥ・フェイスで商品の魅力を伝えることで、新規のお客様を獲得すること。そのために私たち販売促進チームは、常に新鮮で知りたい情報に溢れ、お買い物を楽しんでいただけるお店づくりを目指して、「買いやすい」「見やすい」「印象に残る」ディスプレイ展開の提案や、販促物・ノベルティの制作、季節に合わせたプロモーションなど、あらゆる手法を駆使して、来店したくなる楽しい企画立案に努めています。
また、通信販売に連動したDHC全社販促を展開するのも直営店の重要な役割ですが、売り場のスペースは限られているのが難しいところ。時には多くの商品のキャンペーンが重なった際は、その調整を適切に行い、効果的に全商品の販売促進に貢献していくのも、私たちの腕の見せ所です。
こうした販売促進の企画は私たちが考えますが、それを実際に店舗で展開するのは店舗のショップアテンダントたち。そのため、「なぜ、この企画を展開するのか」、スーパーバイザーを通して、しっかり店舗スタッフに落とし込むことも重要となります。
さらに今、注力すべき点として、店舗ごとの特徴に合わせてよりきめ細かく販売促進の企画を展開していくことが挙げられます。全国228店舗はそれぞれ、規模も客層も立地も異なります。例えば、カウンセリングを求めているお客様が多い店舗と、短時間で買い物を済ませたいお客様が多い店舗とでは、販売促進の企画も変えなければなりません。もっともっとお客様が求める店舗にしていく。そのためにやるべきことはまだまだたくさんあると感じています。

インタビュー Q&A

入社動機は?
学生時代、自分の肌に合う化粧品に出会うまで大変苦労した経験があり、多数のブランドを試した末、ようやくDHC商品に出会いました。同じように悩んでいる友人も多く、皆が安心して使えるDHCの商品を、もっと多くの方に知って、使っていただきたいと考えるようになり、志望しました。また、当時から女性が活躍しているという企業イメージも強く、私も経験を重ね、成長できる環境で働きたいと思いました。
仕事内容は?
全国228店舗を運営する、直営店チャネルの販売促進業務を担当しています。主な仕事内容は、通信販売に連動したDHC全社販促の直営店での調整・運営を初め、全店、系列別、各個々の店舗の販促企画立案、媒体進行管理(原稿作成、校正業務)、VMD提案、販促物の制作・進行管理、ノベルティ制作、WEB媒体管理、イベント、取材対応等と多岐に渡ります。
DHCの魅力は?
当社の一番の魅力は、新しい事にも積極的にチャレンジをさせてもらえる環境だと思います。とにかくスピードがある会社です。決められたことを進めるより、何事にも挑戦したいと考えることができる人にはとてもやりがいを感じていただける企業だと思います。
今後どのような人と働きたいですか?
何事も前向きに取り組めるチャレンジ精神がある方、またDHC商品をご利用いただいているお客様への感謝の気持ちを忘れずに持てる方です。

OFF TIME

これまでの人生では無縁だった野球観戦が最近のマイブームです。最初はルールも分からず観戦に行っていましたが、試合の流れや状況ですべきプレーが変わる心理的な勝負、球場の雰囲気、屋外の爽快感、ファンの一体感などに魅了され、シーズン中何度も観戦に行くようになりました。
日頃はデスクワークが多いため、屋外で過ごす休日は大変気持ちがいいです。