社員インタビュー

「面白い」「もっとキレイになりたい」「DHCの商品を購入したい」、そう思ってもらえる誌面づくりを追求。

S.E.編集部

CHAPTER01

企画、撮影立ち会い、原稿作成、
校正まで一貫して担当

編集の仕事は、理系出身の私にとってまったく馴染みのない分野でした。しかし、入社後の研修で、編集部の仕事を一通り経験してみて、いっぺんに「面白そう!」と虜になってしまいました。最初からうまくできたからではありません。むしろ苦手で、原稿を書くにも時間がかかるし、思うように書けなかったからこそ、追求しがいがあると感じ、チャレンジしてみたいと強く思ったのです。
その後、編集部に配属。以来、DHC化粧品の通販カタログである会報誌『オリーブ倶楽部』の制作をメインに担当しています。最初は連載ページやQ&Aなどフォーマットが決まっているページから担当して、原稿作成のスキルを磨き、同時に企画出しも。当初はどういう企画を立てたら、読者の方に「面白い」「もっとキレイになりたい」「商品を購入したい」と思ってもらえるのか、まったくわからなかったため、あらゆる美容誌や社内の資料を読み参考にしながら、企画をつくっていきました。
企画会議で5〜6つの企画を出し、そのうちいくつかの企画の実行が決定。その後のラフ考案から撮影の立ち会い、原稿作成、協力会社へのデザイン指示、校正まで一貫して任されます。これは入社当時も今も変わらないスタイル。入社1年目から責任ある仕事を任せてもらえるのがDHCの魅力ですが、編集の知識や経験ゼロの私が業務を遂行できたのは、周りの先輩社員の温かいサポートがあったからこそだと感じています。

CHAPTER02

新しいチャレンジの連続。
追求しがいのある仕事がここにある

会報誌『オリーブ倶楽部』の記事は、面白いだけ、商品を紹介するだけではその役割は果たせません。「面白い記事だわ」から入って、「いい商品だから購入したい」と読者に思っていただくことが使命です。だからこそ、企画立案には毎号頭を悩ませます。
例えば、こんな企画をつくったことがあります。企画立案の背景は、「DHCは商品数が多くて、どの商品を選べばいいかわからない」というお客様の声が届いていたこと。そこで私は商品の特徴を整理して、選びやすくする企画を考えました。その一つが保湿系コスメの記事で、保湿系のコスメを3つに分類し、それぞれの特徴を解き明かしつつ、具体的にDHC商品の特徴と選び方をまとめて紹介しました。
これはほんの一例です。毎号、力を尽くして制作に取り組みますが、完成するたびに、「もっと面白く、もっと商品の魅力を感じてもらえるような誌面をつくりたい」という思いが強くなります。
また、会報誌『オリーブ倶楽部』の制作のほか、さまざまな季刊誌やチラシなどの媒体も担当しています。その都度、新しいチャレンジをできるのが楽しく、自分の成長にもつながっています。例えば、『オリーブ倶楽部』の別冊『F1 BEAUTY PLUS』の制作に携わったのもその一つです。始まりは、20代〜30代前半向けのスキンケア&メークシリーズの新商品発売のタイミングで、ターゲット層に訴求する別冊をつくりたいという、マーケティング部からの要請でした。『オリーブ倶楽部』とはターゲット層が異なるため、20代〜30代前半の若年層がどんなことに興味があるのか、友人との会話やSNSを通じて徹底的にリサーチしました。その後、リサーチした内容をヒントに、マーケティング部の担当者と相談しながら制作を進行し、企画内容はもちろん、誌面のテイスト、色使い、書体の使い方に至るまで、これまでとは違う試みに挑戦でき、自分の発想や表現の幅を広げることができました。
入社4年目を迎え、商品知識も増え、編集スキルもだいぶ身についてきましたが、先輩社員が企画した記事を見ると、「敵わないな」と思ってしまいます。この仕事は奥が深く、当初思った通り追求しがいがある。今もそう実感しています。

インタビュー Q&A

入社動機は?
学生時代に栄養学を専攻していたため、食品を通じて体の内面からキレイになる、元気になることに興味がありました。DHCは、化粧品はもちろん、サプリメントや健康食品など、美容と健康をトータルサポートする幅広いチャネルを持ち、その企業体制に魅力を感じて入社を決めました。
仕事内容は?
編集部は、会報誌の『オリーブ倶楽部』や『みんな、げんき?』をメインに、さまざまな季刊誌やチラシなどの媒体を制作しています。私は『オリーブ倶楽部』の記事ページを担当し、企画やラフの考案から撮影立ち会い、原稿作成、デザイン指示、校正までを一貫しておこなっています。
DHCの魅力は?
社員の人柄だと思います。私は編集に関する知識や経験がまったくなく、入社当初は右も左もわからない状態でしたが、まわりの先輩社員のあたたかいサポートがあったからこそ、今でも楽しく仕事ができていると感じます。
今後どのような人と働きたいですか?
DHCは想像以上に多種多様な業務があり、また、入社年数に関わらず責任感のある仕事を任せてもらえます。あまり自分を適性などで縛りつけず、知らない分野でも積極的にチャレンジしていきたいという意気込みがある人におすすめだと思います。

OFF TIME

休日を利用して、旅行に出かけるのが趣味です。国内、海外を問わず、見ず知らずの土地で普段は味わえないような景色、グルメを楽しんでいます。写真は今年の夏、学生時代の友人と沖縄に行ったときの1枚です。