お客様に永く愛される、
DHCの新しいアイコン的商品を
デザインする 香粧品部 デザイン二課 戸高

私の挑戦私の挑戦

お客様に永く愛される、DHCの新しいアイコン的商品をデザインする

例えば「DHC オリーブバージンオイル」や「DHC 薬用ディープクレンジングオイル」の様に、20年・30年先もお客様に愛され続ける次代のアイコン的新商品のデザインに携わりたいと感じております。同時に、そのデザインを私のデザイナー人生における代表作にしたいと考えます。自身の代表作というのは全てのデザイナーが求める一つのゴールでありますが、私はこのDHCという会社でこそそれを実現したいと強く思い、日々精進しております。それこそが私にできるDHCへの恩返しであるからです。

私の仕事

容器・パッケージ・能書等の対象物問わず、担当する新商品に関わる全資材をデザインしております。通常プロダクト・パッケージ・エディトリアル・グラフィック等、そのジャンルに特化した専任デザイナーが各資材デザインを担当する事が多くありますが、私どもでは発案から発売まで一人のデザイナーが全工程を専任致します。そうするメリットとして、全資材に共通した世界観を落とし込むのに非常に効果的である他、容器や外箱の調色における色ぶれの発生防止にも有効です。その他にもメリットの多い私どもの職務形態ですが、新商品発案から発売(もちろん以降も含め)まで全工程に携わる事で生まれる使命感や責任感の大きさも、職務を全うする上で大変重要な魅力の一つであると感じております。

DHCに入社した理由DHCに入社した理由

気づいた時にはDHCという会社に魅力を感じておりました。今になってその理由を考えると、大手化粧品メーカーとして次々と競合他社を引き離していくその力強さにまるで一匹狼の様な印象を受け、心底から格好良いと感じたためであった様に思います。入社を希望し説明会や面談に参加させて頂く中で、デザイナーとして任される職務の濃厚さや携わる事のできる多くの商品群に、その魅力が一層具体的で強いものになっていった事を覚えています。入社以来20品を超える新商品を担当させて頂いておりますこの貴重な環境には、デザイナーを志す人間にしか分からない大変な魅力と強い憧れがあるはずです。この様に実績を積み重ねる中でしか得られない貴重なスキルアップを体得できる環境が整っている点も、DHCへの就職をお勧めしたい大きな理由の一つであると思っております。

ある一日の過ごし方ある一日の過ごし方

  • 8:45
    出社。メールと直近のスケジュールを確認します。
  • 9:00
    デザイン業務(新商品デザイン出し、ラフスケッチ、CG制作、製図、モデリング、色調パターン出し、商談等)。
  • 17:30〜
    退社。当日以降の予定を確認し、問題がない様であれば退社します(進捗により遅い時間の退社になる事もあります)
休日の過ごし方

映画や劇場での漫才鑑賞の他、愛犬との散歩、ドライブ、サーフィンなど趣味に時間を費やします。特に忙しい繁忙期には仕事へのモチベーションを保つため、職務に有意義であろう休日を過ごします。と言っても企画展の展示物から学びを見つけたり、ひたすら持ちネタを増やし続けるだけの単純な作業です。何にせよ、心身ともにリラックスした休日の中には普段気づく事のできない新しい発見や学びが多く隠れています。それを仕事の質向上に繋げる事ができた時は、この上なく有意義な休日を過ごせたなという気持ちになれるのです。

DHCを目指す就活生へ一言DHCを目指す就活生へ一言

就職活動中、周囲の学生に対し疑問に思っていた事がありました。それは、なぜ自分が望む職種(職務内容)を明確に定めず就活に臨んでいるのだろうというものです。多くの学生は内定を最終目標にし、肝心である「どの様な現場で、どの様なモノに携わり、どの様に職務をこなし、どの様な成果を挙げたい」という具体的で細かな目標を持ち合わせていなかった様に思います。皆様には是非これを明確にして頂きたいと思います。キャリアビジョンを持つ人の熱意はより伝わりやすく、何よりそうする事で就活に対する自身の気構えを更に強いものにできるからです。決して諦めず粘り強く努力を重ね、皆様が良い結果を手にする事ができる様心より応援しています。

戸高が所属する
香粧品部 デザイン二課
香粧品部 デザイン二課は、多岐にわたる弊社商品群よりポイントメーク・ベースメーク・ヘアケアの3つのカテゴリーにおける新商品のデザイン業務を主な職務としております。特に発案から商品発売に至るまでの全工程を一つの部署にて遂行する点において、弊社内でも特殊な職務形態を採用している部署となっています。
Our Mission
より高品質で、より高いお客様の満足度獲得を目指した商品作りに挑戦できるやりがいに溢れた部署です。流行や市場の動きには常に気を配り、まさにここで商品が生まれているという現場に身を置く責任感と緊張感が、DHCにしか作り出せないオリジナルの商品開発に不可欠なファクターとなっています。今後も多くのお客様に永く愛される商品を生み出していける様、日々精進していきたいと思っています。
総合職として活躍する社員