私とDHCの出会い

私とDHCの出会い一覧へ戻る
 

将来は社会人野球の選手になる。その夢に向かって、白球を追いかけた日々。

社会人野球の選手だった父の影響で、物心がつく前から野球を始めました。野球のために倉庫を借りて、バッティングマシーンなどの設備までを揃える家庭環境。小学校、中学校時代は、硬式野球のクラブチームに所属して、毎日のように白球を追いかけたものです。この当時から将来の夢は、社会人野球の選手。しかし、スカウトしてくれた野球の有名高校には行かず、必死に受験勉強をして進学校へ。それは、野球ができて、勉強もできる人間のほうがかっこいいと思ったからです。高校時代は文武両道で、野球と勉強を両立。

ポジションはセカンド、打順は1、2番で、野球熱は覚めず高まる一方でした。高校卒業後は、野球選手としての実力を認めて声をかけてくれた大学へ野球推薦で進学。野球部の強さもトップクラスの名門校で、社会人野球がいよいよ身近な目標になってきました。そして、野球部の先輩方の話を聞いて、就職したい会社のチームを心に決めました。この会社ならば、存分にプレイができ、理想としていた人生を送ることができる。子供の頃からの夢がこのとき、僕の手の届くところにありました。

 

野球の道をきっぱり断念。そのとき心に浮かんだのは、DHCだった。

大学3年生を迎えた春。僕は壁にぶちあたりました。「ここしかない」と、心に決めていた会社のチームには、ある事情で就職できないことがわかったのです。いくつかの他の会社のチームからの誘いもありましたが、僕は激しく悩みました。考えに考えましたが、一度心に決めた会社のチーム以外でプレイする自分の将来はどうしても思い描けません。ならばいっそのこと、社会人野球の道はきっぱり断念しようと、結論を出しました。

そうなると切り換えは早い。僕は、野球を離れるのであれば、とことん離れて、野球やスポーツとはまったく関係のない会社に就職しようと決めました。大学3年生の秋。僕の心に浮かんだのは、日頃から飲んでいてなじみがあったサプリメントであり、そのトップメーカーのDHCでした。スポーツ最高峰の大学を選んだ僕にとって、最高峰の会社を選ぶのは必然だったのです。思い込んだら一直線。僕は、DHC1社に的を絞りました。

 

何よりも惹かれたのは、チャレンジできる環境。自分が選んだ会社に間違いはなかった。

DHC社員との最初の出会いは、学内の合同会社説明会でした。話を聞いてみると、チャレンジできる環境で働きがいがあり面白そうだなと思いました。よし、この会社に入ろう。僕は決めました。DHCの面接では、親しみやすい雰囲気のなかで僕の話をしっかり聞いてくれたことに感動しました。

これまで一途に野球に打ち込んできた僕には、他の多くの学生にはない個性と強みがある。そのことをきちんと伝えることができたという手応えも感じました。自分にとって未知の世界で働く。そう思うとワクワクしました。大学4年の春、野球部は全国大会で優勝。喜びに浸る間もなく、DHCの内定をもらいました。自分で選んだ会社。そこには一切、迷いはありませんでした。

 

野球部での成功体験を活かし、東北6県の地場企業への営業活動。

現在は東北6県に本部のあるドラッグストアやホームセンター、スーパー等の企業の営業を担当しています。その中でいつも意識しているのは、お客様と一緒に未来の目標を見据え、今何が必要か考え、提案することです。僕のこうした考え方の原点は、大学の野球部時代にあります。当時、僕の大学の野球部はしばらく日本一から遠ざかっていました。そこで、僕らの代で必ず優勝をもぎ取ろうと、その目標に向けて練習方法を見直すなど努力を重ねました。

先が見えず苦しい日々でしたが、不撓不屈の精神で頑張り抜き、その結果、日本一になり、大きな達成感を味わえました。この時の成功体験が今役立っていると実感しています。入社して3年目の今、不思議に思うのは、スポーツ選手にDHCの優れたサプリメントを広めていきたいと考えている自分がいることです。入社前はあれほどスポーツから離れようと思ったのに……。今は野球観戦や草野球も普通に楽しめます。自分は正真正銘、DHCの社員になれたのだと思います。

Next Story